当社は非常に迷惑を被っています
豊川誕が主張する事実関係

ことの起こりは 豊川誕から2015年11月15日に突然電話があり【CD500枚を事前買取するので全国発売盤としての商品を発売して欲しい】との事でした。
 
同年11月19日PM13:30頃 豊川誕が女性を連れて来社。

本来であれば 同年12月20日迄に代金を支払えば良いのですが

この時にCD代金として¥54万円を置いて行きました。


ジャケット用の写真と歌詞カードを 同年12月20日迄に そして発売用の音源を 2016年 1月20日迄に提出する様に伝えました。

2015年11月下旬頃 当社に【清水健太郎氏】を紹介した 岡山県の【吉田定信】と言う人物から当社に電話があった時に 吉田定信に対し再度 豊川誕のCDを発売する旨の話をしたら 吉田定信から岡山で芸能プロダクションを設立したいとの話があり 豊川誕を所属させて欲しいと言いましたが 吉田は芸能界において全くの素人だし 仕事の確保が難しいから止めておけと伝えました。 

その後 吉田定信は豊川誕のブログに掲載されている連絡先に対し当社の知らない所で連絡を取り 二人でプロダクションを作る話が進行して行ったようです。

2015年12月 9日に吉田定信から当社に豊川誕が所属したとの報告書類が届いたので 吉田定信に電話をして事情を聞いたりした所 二人で豊川誕が同居している女性宅の住所を東京事務所にし 岡山を本社にすると言う回答でした。

当社は吉田定信に対し 再度止めといた方が良いとアドバイスしましたが、既に二人で決定したとのことで 当社としては黙認放置していました。

2015年12月15日に吉田定信から当社に電話があり 豊川誕から【当社が専属扱いをしてくれない】【発売用音源の費用を出してくれない】などと話していると言うので 以前は豊川誕を専属にしていたが 注意事項を守らず ファンの女性に手を出し 金づるにしていてファン女性からもクレームを聞いており 発売したCD商品も 200枚程度しか売れていないので当社専属には出来ないことを伝えました。

その時 吉田定信は豊川誕から 当社が豊川誕の望む事を聞き入れてくれない場合は CD発売を中止すると言う様に伝えてくれと頼まれたとの事でした。

当社は即刻 豊川誕のCD発売を中止とした次第です。

この時に 吉田定信から 既に支払った¥54万円はどうなるのかと尋ねられたので 本来ならば契約違反として没収に成るが 豊川誕も吉田定信も知らない仲では無いので全額を返金してあげると伝えたところ 同日の深夜近くに豊川誕から電話があり 銀行に振り込んで欲しいと言うので豊川誕の銀行口座を聞くと 

【生活保護を受けているので 当社からの振込みがあると生活保護費を打ち切られるから同居している女性の口座に振り込んで欲しい】との回答でした。

当社は豊川誕に対し 税務上の問題があるので女性の個人口座ではダメだと話し豊川誕との電話を切りました。
 
その後に 豊川誕と吉田定信との間で話し合ったらしく 吉田定信から電話があり 当社から新規に設立する会社に返金してもらい その後豊川誕に返金すると言うものでした。

当社は 吉田定信に対し 返金依頼書の提出を求め 振込口座も明記するように伝え吉田定信と電話を切りました。

2016年 1月19日に豊川誕が依頼する弁護士からの内容証明が当社に届き その後 豊川誕側から簡易裁判所に当社が提訴されました。

簡易裁判で当社が敗訴したのは 岡山県の吉田定信が証人出廷する筈なのに無断欠席したり 豊川誕は吉田定信が出廷しないことを良い事に嘘八百や作り話を申し立てたからです。

裁判での争いで少しづつ実態が判明して来ましたが 吉田定信は豊川誕に対し 豊川誕を確実に吉田定信の手の内に入れようと画策し当社に関する事実無根のことを真実のように話したり 豊川誕は吉田定信に相当な期待をして信用していたようですが 吉田定信には芸能界ではズブの素人で人脈関係などは全く無く 双方で欲目に駆られ 2015年12月17日に当社が返金した直後に仲間割れしたようです。
 
当社は 本件の敗訴により 控訴しています。

豊川誕は自身のブログで 嘘と作り話で当社を誹謗中傷していることから当社は 警視庁目黒警察署に 刑法第230条【名誉毀損罪】および刑法第233条【信用毀損・業務妨害罪】で告訴状を提出しました。

 本件は 徴役3年以下 又は 罰金50万円以下の罰金に成ります。

皆様にお見苦しいことを見せ お騒がせしていることを お詫び致します



 控訴審の結果

残念ながら 豊川誕との控訴審では 控訴棄却と成りました。

その理由は 前回の敗訴と同様 岡山県の吉田定信が出廷しないためです

吉田定信が裁判所に出廷しないのは 豊川誕に対し 数々の嘘や作り話をしているのと 豊川誕と吉田定信が結託して 当社から二重に金銭を払わせ その片側の浮いた金額を山分けしようと企んでいた事実が暴露されるからです。

豊川誕のブログ上において 私がセンチュリーレコードの社長を毒殺して会社を乗っ取ったとか テレビで 老人から200万円を騙し取って放送された とか掲載していますが 全くの豊川誕の作り話です。

センチュリーレコードの社長を毒殺したならば 現代の医学で毒物が検出される筈ですし ましてや肺ガンで入院中に病室内で毒殺できるような事はありません。


病院からの死亡診断書もあり その内容にも肺ガンによる死亡とハッキリ書かれています。病院に毎日付き添っていた者もおり どうしたら毒殺できるのでしょうか?。

私が200万円を詐欺してテレビに出ていたとの事ですが それは多分2016年 1月13日のテレビ朝日で放送された【羽鳥慎一のモーニングショー】の事を指しているかと思われます。


この日は スマップの解散騒ぎがあった日で 一番目にスマップの話題 次にAM8:14~8:30までに放送された 日本コロンビアから自主制作した【南部 忠:本名・松崎】と言う人物が ファンの女性から200万円を詐欺して逮捕された事件が放送されました。


この放送内容は 南部忠なる人物が インディーズ盤を日本コロンビアから発売し 北島三郎さんとも懇意にしているのでCDが絶対に売れると言いファンの女性から200万円を騙し取った事件で 私がレコード業界の裏表を良く知る人物としてCD制作の仕組みを説明する為に出演を依頼されたものです。


全国発売盤(メジャー盤)と 自費出版盤(インディーズ盤)の違いを説明したり なぜ自費出版盤(インディーズ盤)が制作されるのかを番組内で詳しく説明した内容で放送されています。


私は 番組制作の協力者であり 私が 詐欺をした訳ではありません。 

仮に 私が詐欺をしたならば 全チャンネルが蜂の巣を突いたような騒ぎでワイドショーが大事件として取り上げることでしょう。


ここにも 豊川誕の大きな嘘と作り話がブログ上で掲載されており
真実ではありません。

豊川誕のブログには 過去の一時期の栄光が現在も同様の如く掲載されていますが それは薬物中毒以前のことであり 現実は 生活保護を受け 仕事も入らない状況で 昔の良き時代のことを今のように書いている姿に哀れみを感じます。

豊川誕の知名度は全くありません どこのレコード会社も全国発売として発売させてくれる所はありません。 

本人は強気な発言を繰り返していますが 業界なら誰も相手にしないのが現実です。その証拠に自主パーティーをしても3人~5人程度であり会場も小さな居酒屋程度のところです。豊川誕にしたら それがディナーショーの積もりかも知れませんが。

当社は 薬物中毒者の言う事を 一々気にしていても仕方ないのでブログに色々書かれても放置していますが その内に警視庁目黒警察署が罰を与えてくれると期待しています。

最終の最高裁まで争う予定でしたが 岡山県の吉田定信が出廷しない限り結果が見えていますので上告しません。

ただ 返金金銭の二重払いはしないと言うのみです。

 以上が 今回の控訴棄却に成った理由です。

 一日も早く 警視庁目黒警察署から豊川誕が処分されるのを心待ちに願うだけです。

 
皆様には お騒がせして申し訳ありませんでした。
 

2017年 7月25日

            ニューセンチュリーレコード 株式会社

↑トップに戻る